◯テーマ
若手セラピストが知っておくべき片麻痺の捉え方

新人セラピスト(1〜3年)から脳梗塞のリハビリについて良く相談を受けます。質問は様々とありますが、片麻痺のリハビリはとても複雑で難しいと思います。
私は1年目で50代の片麻痺患者さんを担当した時、麻痺に対してどうリハビリすれば分かりませんでした。学校で教えてもらった方法に臨床でのHOWTOはなく、臨床実習でも多くを経験出来ないのが現状です。
そのプレッシャーの中、自分で本を読んだり、先輩に聞いたりしながら「なんとか」やってきました。
ましてやコロナウイルスの蔓延によって、今年の新人はさらに実習での経験も少ないままで、臨床に出て脳卒中後の片麻痺の患者様を担当する事があります。

  • 不安に感じたり

  • 何から手をつけたら良いか分からない

  • 麻痺ってよくなるの?

  • 感覚障害ってどうやってアプローチするの?

  • 促通って何?

  • 筋緊張を調整してもすぐに戻るし、これを時間をかけてやる意味があるの?

  • 患者さんが寝ちゃう。マッサージしたいわけでもないのに緊張を調整してたらもう30分しかない。

  • 運動すると緊張が上がる。運動をガンガンして良いの?

  • 廃用は進んでるけど、病棟で自主トレできない。看護師さんに危ないからやめてって言われる

  • 歩行はいつからしても良いの?

  • 膝折れってなんで起こるの?

  • 亜脱臼ってどうすれば?三角巾?肩はどうやって動かしたら安全なの?

  • ひとまず長下肢装具をつけて歩行練習?

  • 患者さんに治りますか?って聞かれたときにどう答えれば良いの?

  • 痙縮が取れない。どんどんClow toeが強くなる。……etcなどなど

私もたくさん悩んで、今も悩みは尽きませんが、新人セラピストの方が少しでも自信を持って麻痺の患者様に取り組める様にセミナーを適宜、開催していきたいと思いました。
私は現在13年目の理学療法士です。私の経験や様々な講習会で学んだ知識や技術を統合して、

新人セラピストの方、そこに関わる患者様が少しでも笑顔になれる事

を目指します。

■セミナーの詳細 ————————————————
テーマ:若手セラピストが知っておくべき片麻痺の考え方
内容(一部紹介):健常者と脳卒中後の身体の違い、正常な反応、異常な反応、徒手における感覚入力の本質、筋緊張と随意性の考え方、片麻痺患者の姿勢や動作戦略と考え方、リハビリの仕方など
日時:2021/7/16(金)
時間:19:30-21:30
方法:ZOOM
費用:お一人様2000円
定員数:50名
————————————————————–

参加のお申し込みは、下記セミナーページ応募フォームをご利用ください。
セミナーお申込みはこちら:https://form.os7.biz/f/63a48ea4/

QRコードで読み込む場合はこちらをご利用ください。

注意:返信メールは迷惑フォルダに入る場合もございますのでご確認下さい。
ご不明点などございましたら、お気軽にご連絡ください。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

講師プロフィール

大脇毅(おおわき つよし)
1985/8/9兵庫県芦屋市生まれ。一生、働ける仕事を探して理学療法士を目指す。実習を通じて、この仕事を好きになる。
 回復期病院に就職。初めて1年目で脳血管障害を担当する。整形疾患など、ある程度まで回復するが、麻痺に対して本人の希望通りに良く出来ない現実に落ち込む。患者さんが退院する時に、「大脇先生は宇宙一の理学療法士になってください」と熱いエールを頂く。この時から脳血管障害のリハビリに対して特別な感情を持つ事になる。
 5年目にリハビリ部の責任者・病院の立ち上げを経験。責任者時代は3年でスタッフ15名から約80名に膨れ上がり、スタッフ育成やマネジメントに悩む。スタッフの相談から臨床で困っているセラピストの力になりたいと思うことが多くなった。グループ病院の新人教育委員会の組織委員として活躍。一部の研修内容の作成などに関わる。
 8年目で臨床に戻りたい気持ちが強くなり、責任者の立場を退き、他病院の回復期病院に再就職。キャリアから異例の病棟サブリーダーとして勤務開始。その病院で新人教育育成の委員会、脳血管障害の評価プログラムの作成などを病院を代表して作成。難しい症例、脳血管障害などの方が退院後にリハビリを受ける場所がないと言った声を聞く事が多く、独立を決意。
 10年目で兵庫県芦屋市で 保険外のリハビリサービス&整体 フィジカルアルモニーを開業する。
 現在、店は3期目に突入。クライアントさんとリハビリや整体に従事しているが、理学療法士として後進育成に役立ちたいとセミナー展開を模索中。

<資格、主な履修>

・BiNI認定セラピスト(ほぼ全てのセミナーをアシスタントとして2〜3回帯同する)
・反復促通療法(川平法)5日間コース修了
・オーソモレキュラー栄養療法 ニュートリションプロフェッショナル
・宗形テクニックアドバンス修了
・クラシカルオステオパシーweek1修了
・マリガンコンセプトupper修了
・パリスS1修了
・アナトミートレイン トムマイヤー来阪の2日セミナー
・アメリカ足病医によるNWPL社製足底板システム・導入認定
・筋膜マニピュレーションLv1修了
・JARTA basic 修了
・認知運動療法 basic 修了

 

 

セミナーリンク

 

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。